平成31年度の募集は締め切りました。
多数のご応募ありがとうございました。

本研究助成の趣旨

セコム科学技術振興財団では、研究者の自由な発想に基づく独創的なアイディアに期待し、安全安心の確保や災害防止等、国民生活に密着する研究課題を広く募集・助成してきました。そして、国民生活の安全安心に寄与する科学技術の発展をより積極的に推進するために、当財団が重点的に助成する領域を指定し、その領域の研究統括を担う領域代表者が示す研究構想に沿う研究課題に助成する新しい研究助成を実施しております。

平成31年度は、ELSI(Ethical, Legal and Social Issue)分野について研究課題を募集します。
 

公募する領域について

ELSI(Ethical, Legal and Social Issue)分野
領域名 現代の科学技術の方向性と評価のあり方を探る
領域代表者小林傳司(大阪大学 COデザインセンター 教授)
研究構想

現代の科学技術は、真理の追求という古典的な価値に加え、SDGsの議論に見られるような社会的課題の解決やイノベーションを通じた経済的発展への貢献も社会から期待され、また科学技術研究者の側もそのような価値の実現を約束しようとすることが多い。さらに、研究そのものが実験室で完結するとは限らず、ビッグデータの活用のように広く社会そのものをフィールドとしたタイプのものも増えている。つまり、現代の科学技術研究は社会との頻繁かつ濃密な相互作用が伴うものになりつつある。

このような状況において、例えばiPS細胞やゲノム編集技術、あるいは情報科学技術の成果の社会実装にまつわる課題については、技術の倫理的・法的・社会的側面について、科学技術研究者が何をどのように配慮すべきかを中心に検討されることが多かった。その場合、社会実装の対象となる科学技術そのものは中立的な存在と見なされている。

しかし、AIの顔認証技術が学習データに含まれる社会的価値観を増幅している可能性が指摘されているように、科学技術そのものは中立的という立場が揺らがないだろうか?そもそも、この科学技術は我々の社会にとってどのような意味があり、将来、どのように展開されていくと考えられ、そしてそれは望ましい方向性なのだろうか?inclusiveな社会の実現といった社会的課題解決に科学技術はどのように貢献できるか?社会が必要としていて、社会から信頼され、受け入れられる科学技術とは何か、それらは誰がどのように判断すべきなのか、その判断で基礎研究・技術開発を止めることがあり得るのかといった、科学技術の「方向性や評価」に関する検討が必要となってきている。そのような科学技術を評価する際にピアレビューに加えてどのようなシステムが有効か、といった仕組みの検討も必要であろう。

本領域では、このような観点から、科学技術の方向性や評価を検討する研究提案を募集する。研究提案にあたり、科学技術研究者と社会科学研究者が組むなど、多様性のある体制、また、単なる理論構築を目的とするのではなく、将来の社会実装も念頭に置いた検討であることがより望ましい。

選考員
小林傳司(大阪大学 COデザインセンター 教授)
黒田玲子(中部大学 総合工学研究所 特任教授)
目﨑祐史(セコム(株)IS研究所 所長)

概要

公募期間 令和元年10月1日(火)~10月31日(木)(必着、締切厳守)
助成期間 3年間を基本とし、2年間も可能とします。
助成対象 現に活発な研究活動を行っており、助成期間中継続的に研究を実施することができる
国内の大学・大学共同利用機関法人・国立研究開発法人に所属する59歳以下の研究者を対象とします。
選考方法 選考員による一次選考(書類審査)および二次選考(面接審査)
応募方法 募集要領をよく読み、研究助成申請書(書式E-1)に記入の上、当財団まで送付して下さい。
当財団への持ち込みはご遠慮下さい。
ダウンロード 募集要領(平成31年度)
研究助成申請書(書式E-1)(平成31年度)
研究助成申請書(書式E-2)(平成31年度)
注意点 研究期間中は、各領域の領域代表者(共同代表者)が研究統括として当該領域の研究をマネジメント致します。
領域代表者が途中経過の報告などを求めることがありますので、申請者はご対応頂くものとします。
参考 平成30年度 特定領域研究助成・研究助成贈呈式(キックオフ)
平成29年度 特定領域研究助成・研究助成贈呈式

現在研究実施中の領域

問合せ先・申請書送付先

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-5-1 公益財団法人 セコム科学技術振興財団

TEL: 03-5775-8124