令和3年度 特定領域研究助成は応募を締め切りました。
多数のご応募ありがとうございました。

本研究助成の趣旨

セコム科学技術振興財団では、研究者の自由な発想に基づく独創的なアイディアに期待し、安全安心の確保や災害防止等、国民生活に密着する研究課題を広く募集・助成してきました。そして、国民生活の安全安心に寄与する科学技術の発展をより積極的に推進するために、当財団が重点的に助成する領域を指定し、その領域の研究統括を担う領域代表者が示す研究構想に沿う研究課題に助成する研究助成を実施しております。

令和3年度は、先端数理分野とチームワーク科学分野について研究課題を募集します。
 

公募する領域について

先端数理分野
領域名 先端数理に基づく安全・安心な社会実現のための将来予測・因果解析技術の開発とその実装
領域代表者合原一幸(東京大学 特別教授/名誉教授)
研究構想

昨今のコロナ禍によって、社会の持続的発展のための基盤が意外にも脆弱であることが露わとなりました。人々が安全・安心に暮らすことが出来る社会を実現するためには、社会課題に対してその時々に緊急に対処するのではなく、社会の様々な変動を時系列としてとらえて、将来予測技術や因果解析技術に基づいて統合的・予見的に対処するシステムの構築が求められています。

本特定領域研究は、デジタル変革における共通基盤としての「数理」の分野横断性に基づいて、健康、感染症、社会インフラ、経済、環境、エネルギーなどの多様な複雑社会現象を解明し、関連する諸問題を総合的に解決する数理基盤を構築するために、安全・安心社会の実現に資する基礎となる数理的研究開発を目指すものです。

「数理」が貢献できる研究テーマは広い分野をカバーしますが、本特定領域研究では特に、安全・安心な社会実現のためのICT・ビッグデータと将来予測・因果解析技術との融合にフォーカスして、最終的に社会実装に結び付くような数理的研究テーマを募集します。また、研究参加者が各々個別に研究するのではなく、相互に交流することによって数理的シナジー効果が生み出されることも期待しています。

選考員 合原一幸(東京大学 特別教授/名誉教授)
小谷元子(東北大学 理事・副学長(研究担当))
(追加を予定)
助成額 1件あたり最大1,000万円/年
予定採択数 数件程度の採択を予定
チームワーク科学分野
領域名 チームワークに関する革新的な研究アプローチの確立と分野横断的研究領域の創出
領域代表者 堀井秀之(i.school エグゼクティブ・ディレクター
     /(一社)日本社会イノベーションセンター(JSIC)代表理事
     /東京大学 名誉教授)
研究構想

コロナ禍によりリモートワークが一気に普及したが、生産性を上げられる人とそうでない人に分かれた。コロナ禍の終息後も、リモートワークを定着させる企業と元に戻る企業に分かれるものと思われる。リモートワークを定着させ生産性を上げることは、企業が厳しい競争を生き残る一つの方策である。そのためには、オンラインで組織をチームとして機能させることが課題となる。チームワークに関する科学的な知見を蓄積することは、このような課題を克服するために有効である。

チームとは、チーム目標、成員間の協力と依存、各自の役割、明瞭な境界の4条件を満たす集団であり、チームワークとは、チーム全体の目標達成に必要な協働作業を支え、促進するためにメンバー間で交わされる対人的相互作用を指す。チームワークはあらゆる分野における人間活動の基本であり、チームワークに関する研究は分野横断的研究となる。チームワークを捉える視座も多様であり、心理学、経営学、教育学、工学等からのアプローチが存在する。

チームワークに関する研究は、個別の対象分野と学問領域において進められているが、急激に顕在化した社会的なニーズと分野横断的研究の重要性を考えれば、様々な分野の研究者が協働することによって開拓されるべき、これからの有望研究領域になりうると考えられる。

本領域ではチームワークに関する革新的な研究アプローチの提案を募集します。助成期間中は、毎月1回オンライン研究会を開催し、様々な研究領域の研究者の革新的な研究アプローチを比肩しあい、協働研究の可能性を探り、研究アプローチの有効性を検証することを通じて、チームワークに関する新たな分野横断的研究領域を創出することを目指します。

本領域で想定する主な助成対象者 若手研究者、これから自分の研究領域を確立する、あるいは、新たな研究領域を模索する段階にある研究者など。
接合性の高い既存領域の例 イノベーション教育、アントレプレナーシップ教育、リーダーシップ、コミュニケーション、 コーチング、カウンセリング、組織論、行動経済学、熟慮型民主主義・政治学、人工知能研究、 認知心理学、脳科学など。
選考員 堀井秀之(i.school エグゼクティブ・ディレクター
     /(一社)日本社会イノベーションセンター(JSIC)代表理事
     /東京大学 名誉教授)
山口裕幸(九州大学 大学院 人間環境学研究院 人間科学部門 心理学講座 教授)
大島 純(静岡大学 大学院 総合科学技術研究科 情報学専攻 教授)
稗方和夫(東京大学 大学院 新領域創成科学研究科 人間環境学専攻 人工環境学講座 准教授)
助成額 1件あたり最大100万円/年
予定採択数 10件程度の採択を予定

概要

公募期間 令和3年8月2日(月)から令和3年8月31日(火)まで。(締切厳守)
※アップロード用アカウント発行依頼受付は、令和3年8月2日(月)から令和3年8月24日(火)12:00までです。
※研究助成申請書(電子データ)のアップロード提出は、令和3年8月31日(火)23:59まで。
助成期間 3年間を基本とし、2年間も可能とします。
助成対象
現に活発な研究活動を行っており、助成期間中継続的に研究を実施することができる
国内の大学・大学共同利用機関法人・国立研究開発法人に所属する59歳以下の研究者を対象とします。
選考方法 選考員による一次選考(書類審査)および二次選考(面接審査)
応募方法
募集要領をよく読み、研究助成申請書(書式E-1)を作成の上、応募して下さい。
事前にアップロード用アカウントが必要となりますのでご注意ください。
本人・推薦者印のある申請書原本は、書類選考後の面接選考実施日までに当財団へ提出して頂きます。
ダウンロード 募集要領(令和3年度)2021.7.9 助成対象者の年齢制限に記載ミスがあり募集要領を修正しました。
研究助成申請書(書式E-1)(令和3年度)
注意点
研究期間中は、各領域の領域代表者(共同代表者)が研究統括として当該領域の研究をマネジメント致します。
領域代表者が途中経過の報告などを求めることがありますので、申請者はご対応頂くものとします。
参考 平成30年度 特定領域研究助成・研究助成贈呈式(キックオフ)
平成29年度 特定領域研究助成・研究助成贈呈式

現在研究実施中の領域

問合せ先・申請書送付先

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-5-1 公益財団法人 セコム科学技術振興財団

TEL: 03-5775-8124